見学会を楽しもう!

こんにちは、営業部の志水です。

今回は昨年12月に開催致しました、みよし市にある工務店「原田建築」さんの新築構造見学会・相談会のご紹介をさせていただきます。

 

原田建築(はらけん)さんは『木が香る住まい』をコンセプトとした、耐震リフォームを得意とした工務店様で、耐震改修事例コンペなどで数々の受賞をされたり、NHKや中京テレビの番組内で工事事例として取り上げれたりと、とても実績のある工務店様です。

 

またリフォーム、リノベーションでは『住み継ぐリノベ 』ブランドとして立ち上げ、耐震リノベの他に、「中古戸建リノベ」や「同居リノベ」のメリット、デメリット、気をつけることなどを掲載したホームぺージもございます。

とてもわかり易い内容となっておりますので、是非ご覧いただければと思います。

http://www.sumitugu.com/

見学会はというと、当日は晴天に恵まれた一日ということもあり、多くのお客様にご来場いただきとても盛り上がりました。

「新築完成見学会」というのは目にする機会も多いのですが、「新築構造見学会」を行っている工務店さんは少なく、柱などの構造部分や断熱材などは壁を仕上げてしまうと見えなくなってしまう部分となってしまいますので、今回のイベントはかなり貴重な機会だったのかと思います。

そこで、見学会の中で私が『気になったこと』をご紹介したいと思います。

 

① 断熱性と気密性に優れた吹付断熱ことマシュマロ断熱

(断熱材を霧状に吹き付けて発泡体を作り、家の断熱性を高める工法です)

問題:この壁の断熱材についている青いマークはなんでしょうか?

   マークには数字で「85」と書いてあります。

 

 

答え: 断熱材の厚みを表すモノサシ📏の役割をしています。

「これだけの厚みの断熱材がちゃんと吹付してありますよ」ってことですね!

 

② 天井の中を通っている電気の線

問題: グレーの線と、イエローの線は何が違うのでしょうか?

 

 

答え: グレーの線は天井内に隠してしまう線。

 イエローの線は照明などに使用する為、天井から出しておく線となります。

この色の違いは天井を貼っていく大工さんが間違えないように一目見てわかるようになっているんですね!

 

こういった壁や天井が出来上がってしまってからでは見ることができない事を見られるのも、構造見学会の楽しみの一つだと思います (*^-^*)

 

また原田建築様では1月18日(土)、19日(日)に豊田市野見町にて平屋耐震リノベーション住宅の完成見学会・相談会を開催致します。

ご両親から受け継いだ思い入れのある平屋を耐震リノベーションし、築年数50年を経過した木造住宅であっても、適切な耐震補強をすることで大幅な間取り変更を実現した御宅です。

ご興味を持たれましたら是非ご来場下さい。

私、志水も当日は会場にてお待ちしております!!