工事部の興梠(こうろぎ)です。

今回は、サッシのカバー工法の事についてお話したいと思います。

年数が経って、サッシがボロボロになり動きがおかしくなったりと、色々な問題があるかと思います。

いざサッシ工事をすると大きい工事になると思われがちですが、私たちサッシ屋1社で工事が出来てしまうのです。

それが、カバー工法です。

工場の施工例ですが、住宅でも基本工事の進め方は同じです。

これが施工前の画像です。

最初に障子を外します。

外れましたら開口ができるので、そこに新しいサッシ入れて固定していきます。

サッシは外部と絡んでいますので、防水処理もしっかり行います。

固定が終わりましたらサッシの調整で完了です。

工場のカバー工法だったので外部・内部は何もしていませんが、住宅サッシの場合は内部(室内)外部(室外)は化粧部材やアルミ部材を使用して古い枠を隠して仕上げます。

気になった方は、いつでも相談して下さい。

次は、住宅のカバー工法も紹介できたらと思っています。